So-net無料ブログ作成

☆暑~い・チーもグロッキ~・アトム切手新作出ました☆ [!!]

おこんばんわ[晴れ]

暑いですね・・・・・普通に生活していても、なんだか疲れてしまいますね

うちの チー も、ここのところ、水に入らず、サーファーのように岩の上でグロッキー

グロッキー.jpg

これなーんだ?

パンダ.jpg

パンダ饅頭です(中華)

中身はなつめあんこでーす

みんなで、たまにはお弁当

なーんと <松坂牛の牛めし> です

松坂牛飯.jpg牛飯中身.jpg

1500円はちょっと高いかな?でも、おいしかったです。
柿安の商品~~

かもめ~る、あちこちで販売していますね。
ふと、みたら兄が大好きだった アトムの新作<レトロアトム>切手シート夏限定だそうです。

新作1.jpgアトム2.jpgアトム3.jpg

裏は切り取って、切手を張るとそのまま、葉書になります

裏.jpg


☆今日のおいしいもの☆

清閑院の夏の甘いもの

桃彩(白桃)

りい和風桃ゼ.jpg桃中身.jpg中身2.jpg

清閑院HP

http://www.seikanin.co.jp/


nice!(12)  コメント(67)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

調子の悪い時はこれ!★殺人とマスコミの弊害★ [!!]

おこんばんわ[晴れ]

どうも、まだ、腹痛がなおりませんで、口蹄疫菌が飛んできたようです
「ぷりんうし」ですので・・・・・・しまった[がく~(落胆した顔)]

処方されたお薬にみかけによらず負ける私。そんな時はいつもこれ[exclamation]
(ってよっぽど書くことが無くなってしまったようです[ふらふら]

なべ.jpg

みるから~にキャベツとお野菜のコンソメ煮込み

私はこれがあれば大丈夫[exclamation×2]

小さいころから具合が悪い人はこれ!我が家の定番です。

他の人にはちょっと物足りないので、シイタケと先日長崎展で買いだめしておいたフライッシュケーゼをつけました

さら1.jpg

って、人さまに見せるようなものでは再度ありませんですね・・・申しわけない・・・

ちょっとネタぎれでして・・・むかーしむかしの今まで誰にもしたことのないお話・・・
実は
★殺人のお話★

本当はこんなこと書くべきではないのかもしれませんが・・・・・

とっても小さい頃に経験したことで、忘れられず、ずっと不思議に思い続けていることです
(多分、文章が下手で分かりにくいかと思います。ご容赦ください)

私が本当に小さい頃でした。

うちの親戚は比較的近くに散在しているのですが
その中に、遠縁のおばがいました

遠縁でしたが、近くに住んでいたということで交流がありました

彼女は子供がなく、早くにご主人を亡くしてその時すでに60ぐらいだったかと思います。
彼女は姉もなくしており、姉の一粒種のお嬢さんをとても可愛がっていました

そのお嬢さんはご両親(おばさんの姉)をやはり亡くして、よくしてくれるおばにとてもなついていて
どうせなら、一緒に住みましょう
ということでおばは、おばあちゃんなんかと一緒にすんでくれるなんて今どき珍しいいい子だと絶賛していました。

看護婦さんだったのです。その姪は・・・とても綺麗な方でした。24歳だったと思います

看護婦である私が一緒にいれば少しは心強いだろうと思ったし、自分もおばさんが大好きで、家に帰った時
一人は寂しいからと言って20歳ぐらいから一緒に住んでいたそうです

おばのほうには何度か会ったことがあったのですが、姪御さんには遠くから仲良くスーパーで買い物をしている姿をみただけでした、

とにかく、やさしくて、綺麗で、親戚でも気立てがいいと評判でした。

ところが・・・・・

TVでも報道されましたのでご記憶のかたももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが

車のトランクに旅行鞄にいれられ、生きたまま焼き殺されてしまいました[どんっ(衝撃)]

この事件が報道されたとき、親戚中が大騒ぎになり、名前と勤め先の病院名の確認など、おばへの連絡などで
騒然としていました。

本当に小さかった私にはとても恐ろしいこと、非日常の最たることでした。

マスコミ1.JPG

うちは父の上の姉二人とも同居していたこともあり、なんとなく、みんなが集まってきました

とにかく、まず、おばに電話をと・・・・
最初電話にでたとき「もう、だめ」と言っていたそうです
「マスコミがさっきから、電話も家にもきていて窓もあけられない」

事件はこうです

殺されたYさん(おばの姪御さん24歳)は看護婦として中くらいの病院に勤務していました。
その病院はYさんを殺した医者の父親の病院でした。入院棟もある、評判も悪くない病院でぬくぬくと育った
息子は無事、医者の資格をとり、父親の病院に勤務していました
当然、将来の院長です。

その息子は結婚して、子供もおりましたが、入ってきた美しい看護婦が気に入りました。
まもなく不倫関係に発展していったようです。

ところが、彼女は真剣に交際しているつもりで、彼のほうからも、離婚して、Yさんと結婚するからと言われていたようです。
真に受けていた彼女はずっと影で待っていましたが、いつになっても日の目を見る様子はありません
決心して、離婚してくれないなら、おくさんに自分で別れてくれるよう頼むと言ったらしいです。

男性のほうは、そんな気はさらさらなく、父は今の嫁を気にいっている。孫もとても可愛がっている。
もし、そんな話が耳に入ったら自分の院長への順調な道が断たれると思ったそうです。

そして、睡眠薬か何かを飲ませて意識がない彼女を旅行バッグに押し込み、車のトランクに積め込んで
油をかけて殺しました。
まだ、生きていたのに・・・・

私にとってはまだ、小さかったのでどうしてそんなきれいでやさしい女の人がそんな男の人と、結婚している男性と仲良くしなくてはいけないのかが不思議でした。

そんなことしているうちに、おばが電話に出なくなりました

心配して、様子を見に行った親戚から、玄関を開けようとしたらマスコミがなだれ込みそうになったので入れなかったという連絡がありました。

驚いたことにTVでは知らない人がおばの家の前で、おばの親戚だと言ってインタビューを受けています。
みんなが、「これ、だれ?」「親戚じゃないよ」と言っているのが聞こえ

そんなみたこともない人たちが、つぎからつぎへとインタビューに出て来ます

不思議な世界だ・・・・・・

いつから我々の親戚になったのだろう・・・・・

おばさんが何をしたというのだろう
どうしておばさんのうちに取材にくるのだろう・・・・・

「お前、ガキだから、ちょっとひとっ走りみてこい」と言われ、もう一人のおばと一緒に家に行くと
名乗ってもいないのに、私たちを見つけたマスコミが「御親戚の方ですかー?」と言いながら追いかけてきた。

私がひどくおびえたので同行者がとっさに私の顔がTVに移らないようにしてくれて、家に飛んで帰ってくれました

ますこみ3.JPG

最後につながったおばの電話では
「もう、ほおっておいて・・・・もう、何も考えたくない Yちゃんに会いたい。Yちゃんのところに行きたい」

といったそう・・・・・

それっきり、おばはもどってきたYちゃんのお骨とともに、行方不明になってしまいました
以来、一度もおばを見ていません
最初は捜索願を出したようですが、事件に巻き込まれていたので、警察がきても逃げてしまうだろうということで
周りも随分、悩みました

みんなの一致した答えは「自殺」でした。
Yちゃんのお骨と・・・・・

どうしたらいいのか

その後も、子供の私にはわかりませんでしたが、探してはいたようです
でも、心当たりのあるところにはいなかったらしいです。

もう、そっとしておいてあげたほうがいいのかも・・・という話しも出ていました

おばが何をしたのでしょう

確かに、不倫はいけないことです。
あんなに綺麗な人だったのだから、何もそんな奴を選ばなくてもいくらでもいい人がいたでしょうに

一部報道では、彼女が院長夫人の座を狙っていたのでは、という記事もありました。
遺族はこのような記事にひどく傷つきます

私たちにはとてもよい印象しかなかったわけですから

もちろん、私たちの知らない一面があったのかもしれません
でも、だからって 殺されたひとのことをそんなに細かく、仮定まで、いれてあれこれ言う必要があるのでしょうか?

特におばは地味な人でした。やさしい穏やかな人でした
おばにとって、Yさんは最高の姪だったのです

多分、おばは不倫は知らなかったのでしょう
おばのショックはダブルだったかもしれません
それに、そんなむごい殺され方をするなんて
生きたまま、焼かれるなんて

私たち親戚がたどりつくよりマスコミのほうが早かったのは事実です

私たちがもっと反応が早かったなら、先におばを保護できたのかもしれませんが
直接の親でないおばには警察からの連絡も遅れたのかもしれません

どうして、おばのショックは分かってあげられないのか
しかも、決して若くない一人の弱い女性です。

マスコミが仕事をしているのは、分かっています
悪いひとを追いかけまわすのはいいかもしれません

でも、今でもTVでマスコミが人に群がっているのをみるとムカムカします。

どうして、被害者や被害者の家族を追いかけまわすのですか?
何をしたのですか?
それでなくてもダメージを大変、受けているのに

なぜ、TVが亡くなった人がどんな人だったかと報道する必要があるのでしょう
いかに犯人が残忍だったかを強調するためですか?
それにしては、細かすぎませんか?

すみません・・・・思い出してムカムカしてきて興奮してしまいました。

皆さんはどう思いますか?


いやな話しをしてしまってすみません








nice!(19)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

★うみうし大好き★初めて買ったフェイラーのバッグ本★ [!!]

おこんばんわ[晴れ]

今日は紹介状を書いてくださった先生にお礼を言いに行ってきました。
心配していただいてありがとうございました[かわいい]

まだ、クシュクシュしていますが、なんとか普通に日常生活を送っております
それにしても抗生物質は強いですねー
いい意味でも悪い意味でも
すっかり胃がやられてしまいました

★最近、付録にバッグがついている雑誌がはやりですよね
雑誌はあまりかわないぷりんうしですが、一度買ってみたくてちょうどいいものを見つけて1500円払って本屋さんで購入してみました

フェイラーのバッグカタログ

フェイラー本.jpgフェイラーバッグ.jpg

マチ付きで、普段あまりバッグなどにお金をかけるほうではないのですが、防水になっていてなかなかです。
(サイズW26.5XH20XD11cm)

なんだか食欲がすっかり落ちてあまり食べずに出掛けたらやっぱり

えだまめ.jpg中身.jpg

新製品だそうです。おいちい[わーい(嬉しい顔)]

ぷらぷら家に向かうと普段から気になっていたのですが

お怪我ですか?.jpg

シイの木さん、お怪我ですか?

うれしいことにご神木の「二本木」から新芽が出てきていました
二本木2.jpg
二本木に新芽が.jpg

大切な木です。元気に育ってね[揺れるハート]

なんのお花でしょう
可愛いです

足元のお花.jpgなんのお花でしょう.jpg

「どくだみ」小さい頃、名前が怖くて触ると死んでしまうのかと思っていました。 本当は薬草ですよね

どくだみ.jpg

竹林って好きです

竹林.jpg
(大した写真ではなくてすみません)

★うみうしってご存知ですか?★

うみうし.jpg

やっぱり女らしくなくて、私ちょっと変な人です
この写真集がどうしても欲しくて、欲しくて、ちょっとは節約を考えなくてはいけないのに、買ってしまいました

大好きなんですよ

うみうし

ヒオドシユビウミウシ

ヒオドシユビウミウシ.jpg

ポケモンに出て来そうだと思いませんか?(6mm)

アカフチミドリガイ

アカフチミドリガイ.jpg

こちらも6mm

コンシボリガイ

コンシホリガイ原寸大.jpg

ちょっと大きくて10mm
不思議な作りですよね

コノハミドリガイ

コノハミドリガイ.jpg

8mm 本当はもっと透き通っていてとてもきれいなスライムみたい

ゾウゲイロウミウシ

ゾウゲイロウミウシ.jpg

二見書房出版
著者、撮影者=今本 淳さん

今本淳さん.jpg

神奈川県出身にも関わらず、うみうしに取りつかれ奄美大島に移住。奥様と一緒にうみうしの研究をなさっています。
綺麗な海の風景と心から「うみうし」を愛でる今本さんの手にかかるととても芸術的で、ついいやなことも忘れて見入ってしまいます。
いつかダイビングして自分の目で探せたらいいな~

この系のお嫌いなかた、ごめんなさいね

<ウミウシとは>

巻貝の仲間ですが、ほとんどが貝殻をもちません。
貝殻がない分、いろいろな大きさや形をしています。春の磯でよくみられるアメフラシもクリオネも実はウミウシの仲間です。

ウミウシは本当に多岐にわたっており、いまだ、新種の発見が後を絶ちません。
噂によると新種を見つけると自分で名前をつけられるとか

実際は3cm以上のものはほとんどない、とてもかわいいひっそりとした生き物です。
でも、発色していたり、時にはイソギンチャクにまちがわれてしまったり
愛らしい生き物です。
日本だけでも1200種がすでに発見されています。

今本さんのHP

http://www.native-sea.umiushi.info/photo_sql.php?act=PSP&gakumei1=Siphopteron&gakumei2=flavum&location_code=4650&PHPSESSID=e38c9c7b001497df2a57c4a9f4149d6b

結構、癒されますよ

ベランダに不審者??フンしたのは誰? [!!]

おはようございます。

昨晩、なんとなく落ち込んで地味~~~な文書いてしまったので・・・反省[がく~(落胆した顔)]

今日はがんばるぞーって起きたら・・・また、雨
ちょっとの晴れ間に洗濯物をだそうとベランダへ

[exclamation×2]

こ・これは何だ!

fun.jpg

ムム・見覚えがあるぞ!

いたよ~.jpg

いたよーいもちゃん~

サザナミスズメ?シモフリスズメ?.jpg

ご存じのかた
教えてください
これ・・・・サザナミスズメ?シモフリスズメ?イモスズメ?(そんなのいないか)
とにかく、アジサイにつくってことは・・・・・「蛾」ですか?

ちょうちょだったらいいのに・・・・・・

以前、相棒とアゲハをかえしたことがあり、すごくかわいかったので期待したのですが・・・・
アジサイにつく蝶っていないの?[もうやだ~(悲しい顔)]

話変わりますが・・・・

コンビニでこんなものを発見[わーい(嬉しい顔)]

ランチパック.jpg

キッコーマン醤油入りたれ使用「醤油餅風ランチパック」

[晴れ]

早速開けてみます

みたらしあん.jpg

[ひらめき]

みたらしあんアップ.jpg

よーするにみたらし団子の餡ですな
よーするに・・・・・・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

それだけ・・・・・[がく~(落胆した顔)]

でもこちらはおいしかったです

抹茶トッぽ.jpg

中身びっしり[かわいい]

トッぽ中身.jpg

なんか軽い話題ですみません・・・・・[ちっ(怒った顔)]







にゃんこの思いで [!!]

[もうやだ~(悲しい顔)]おこんばんわ

今日は雨が降っているので・・しんみりと・・・・思いで話でも・・・(私が言うと怪談みたい・・・・[モバQ]

以前、猫を飼っていました
友人からあずかっただけのつもりでしたので名前を付けず、生涯「にゃんこ」が彼のあだ名でした。
生後3週間ほどのちッぽけなにゃん子でした。

よくあることですが、居ついてしまいました。というか友人に泣きつかれて・・・・
(ほんとは情がわいてしまったのですが)

何度兄が捨ててきても、兄より早くかえってきてしまうので。。

珍しいことにこの愛猫は私を迎えに来る猫でした。

基本、ワイルドに好きな時に外にでていき、かえりたければ網戸をけ破ってはいってくる猫でした。

あっと言う間にでっかくなっちゃった(おばばギャグをいうようになると終わりですね[がく~(落胆した顔)]

にゃんと私.jpg

赤いのが私です・・・・一応(笑)

古い写真をデジカメでとったものですのでボケボケですがご容赦ください

なぜか、私に一番なつき、私が学校から帰る頃になると道の向こうから鳴き声が聞こえ
どこからともなく現れて、一緒に道を歩いて帰る
それが二人の日課になっていました。

結構遠くから迎えに来てくれていました。
どうも私の足音を覚えていたようで(どんな足音?ゴジラか?ティラノか?)

大人になっても無邪気さが消えない不思議なにゃんで、生活していて楽しかったです。
階段からとびかかってきたり、大きくなってもいたずらばかりしていました。

一緒に風呂に入るといっては風呂桶に落ち、裸の私をずたずたにして助けられたり

夜、戸締りが済んでしまって家にはいれないと、虫のように網戸にぶら下がって「ぎえ~~」と
泣いたりしていました。

スケベ男で、しょっちゅう雌猫のことで喧嘩し、近所にいつも謝って歩きました。
うちの界隈では、ボス的存在だったようです

ある日、嫁をつれてきた写真です。
ぼけていてわかるでしょうか?
二人でポーズをとっていたので忘れられません
(人間見たいなたたずまいだと思いませんか?カメラを向けたらこっちを二人?で向いたんです[黒ハート]
とっても美人さんでした。真っ白でまるで秋田美人?


妻です.jpg

子供たちを見せに来て、私たちが食事をしているガラス窓にみんなで並んでマーキングしてくれた。
大笑いでした

かわいかった

そんなある日
私が出先で事故に巻き込まれて、そのまま家に戻らず入院

その日から「にゃんこ」はご飯を食べなくなったそうです。

玄関でずっと私の足音が聞こえてくるのをまっているかのように

母は困り果てて、何度も隠して病院に連れてこようと思ったそうです。

私がにゃんこにあいさつせず、家をあけたことは初めてだったかも・・・・・

相当消耗して、あまり動かなくなっていたようです


[もうやだ~(悲しい顔)]


2週間ほどして先生が退院の許可をくださいました。

後でわかったことですが、ちょうど先生が退院の話を私にしている時間帯に

「にゃんこ」が突然立ち上がり、(食べていないので) よろよろと、しかし、うれしそうに外に飛び出して
行ったそうです。

母が驚いて追いかけると「にゃんこ」は私を迎えに行っていたいつもの道の真ん中に・・・・・

そこに車がきて、消耗している「にゃんこ」はよけるのが遅れて・・・・・・・[がく~(落胆した顔)]

私が退院できると電話したとき、母は何も言いませんでした。

でも、帰ってみても一番会いたい「にゃんこ」は家にもう、いませんでした。

・・・・・・・

問い詰める私に母が、あきらめて話してくれました
(最初は、「にゃんこ」は怒っていなくなったと言っていたのですが・・・・)


ショックでした
私が殺したような気がして・・・・

なんで、電話より先に私が退院できることがわかったのでしょうか・・・・
それほど心はつながるものなのでしょうか・・・

確かに、人間みたいなところがありました
悲しい時、そばに来てくれたりしていました
今考えると、とっても優しい「にゃんこ」でした

それ以来、猫が飼えなくなりました
今でも「にゃんこ」に会いたいです[もうやだ~(悲しい顔)]


  くだらない思い出話をすみませんでした・・・・でも、にゃん子大好きです[かわいい]








nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

たよりになる我が町の駐在さん(駐在所・派出所を減らさないでください) [!!]

こんにちは

低気圧だとどうも頭が重くて(脳みそもろくにはいってないくせにって、あれは容量ではありあせんでしたね)
暗い・・・私・・・・

と、話は別にして
我が区域には「駐在所」がむかーしからございます。

と、また脱線して

ずっと思っていたのですが、駐在所と派出所の違いとはなんぞや?

交番(派出所)…読んで字の如く、『「交」代で「番」をする』なので、警官が交代で24時間体制で詰める場所を交番と言います。


駐在所…交番が複数の警官が出入りするのと違い、駐在所は基本的に警官が 1人です。つまりそこで生活する訳です。また、家族もつれて来れるので一緒に生活出来ます。ここが交番との大きな違いでしょう。また、警官が一人と言う事から、主に過疎地域等に多く存在しています。

まあ・・・・読んで字のごとしでしたね(とほほ)

で、もとへ
で、その駐在所にとっても優しいお巡りさんがいます。
今日、おまわりさんのことをブログにのせていいかって聞きに行きましたら
(私、無知でございます)

「許可」いるんだよね
この建物写真にとって使うんだったら申請書をだして、「許可」いるんだよね・・・・・・・・

がっくし[がく~(落胆した顔)]

なんとなく、レトロでいい建物なんだけどなぁ~
で、めんどくさいので断念[exclamation]
でも、おまわりさんの奥様がつくっていらっしゃるお花が素晴らしいので、その映像だけはご本人の「許可」いただきましたので、後ほど載せますね

このおまわりさん、絵にかいたようなお巡りさんです。
いろんな意味で丸くて、角がなく、にこにこしており、あったか~~い雰囲気
よくガニ股で(失礼!)ふわふわと自転車に乗って、あちこち巡回しておられます。
で、会うと「今日もあついねっ!お母さん元気ッ?」と住民を把握しておられて温かいお言葉をかけてくださいます。

町の子供たちにも慕われていて、「おまわりさ~ん、これあげる」
と芋虫をたくさんおしつけられて
「え!これ全部置いてくのかっ?」
「ちゃんとそだててよ~~」

「おーい、○×△今日は塾だろ~、まっすぐかえるんだぞ」
(ちゃんと、把握してる・・・住民を把握してる[exclamation&question]

個人情報・・・やのいろいろおっしゃりますが、人を信じられなくなったら終わりだろー(なんちて、難しいことはわからない私なので強がってみる)  ちなみにうちは東京都です

そして先日、さすがっと思うことが

我が家の玄関ベルが必要になるので、思わず扉を開けてしまったダメな私

すると、「○○さん、貴方いい人そうだから、今日少しつごうしてもらいたいの、貴方いい人そうだから」
という何日もお風呂とご縁がないおじさんが家に入ってきてしまいました。
知り合いではなく、表札を読んでいるのです

参った[exclamation]開けてしまった[exclamation]

あわてて押しもどしながら 見えないように携帯で
「え~~ん、おまわりさ~~ん」
(もちろん110番ではなく駐在所の電話番号です)

なんっと、瞬間移動したかのように あの普段のんびりしてるまるっこいお巡りさんが玄関先に現れた

「こらっ 何やってる すぐ出んかっ」

自転車にのってないのに2秒ぐらいで現れてくれました。
そして、首根っこを捕まえてどこかへ・・・・・・

15分ほどしてから、また、インターホンが・・・・
恐る恐るでると、駐在さん

「あいつは凶暴な奴じゃないから、大丈夫! おっぱらっておいたからまた、くることはないとおもうけどな
 もう、あけちゃだめだよ」
[もうやだ~(悲しい顔)]

私が悪いのね~~~~
でもほんっといざという時に頼りになるお巡りさんです。
(実は、そんなに早く動けると思っておりませんでした。いざというとき走ると早いんだな~~感心しきり=ごめんね駐在さん)

そういえば、私の父が病気でぼけたときも、徘徊しては駐在所につれてこられ、面倒をみてくれていたっけ

うちの町にいる駐在さんは本当に「三丁目の夕日」のようななつかしい匂いのするお巡りさんです。
そんな町に住めて私はうれしいよっ[わーい(嬉しい顔)]

(くだらない文章にずっとつきあってくださってありがとうございました。お口直しに駐在さんの奥様のご趣味の
 みごとなお花をどうぞ)

モッコウバラ
駐在花2.jpg

駐在花3.jpg

スミレ類
派出所1.jpg派出所2.jpg派出所3.jpg派出所4.jpg
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。